文書管理システム

文書と画像を一体管理

検索・保管・セキュリティー・サムネイル表示・印刷・OCR機能・LAN環境にも対応しています。

膨大なテキスト文書を管理している環境において、より効率よく管理・活用することを目的としたシステムです。C/S環境にて使用可能な発信番号管理および文書管理を兼ねています。 発信番号および文書の管理方法はキャビネット方式を採用。キャビネット方式とはオフィスで用いられているキャビネットのように、キャビネット- 引き出し(ドロワ)-フォルダ-ドキュメントというわかりやすい管理方式です。キャビネット方式を採用することにより、今まで管理していた形式をそのままコンピューター上で実現できます。


シンプルなインターフェイスで膨大な文章を一括管理

  • イメージ文書が見やすいサムネイル表示
  • 文書ファイル、イメージデータなどの共有化
  • セキュリティー管理機能によるアクセス認証
  • イメージデータの大量処理に最適なデータベース採用
  • OCR機器の接続でOCR処理実現(オプション)
  • LAN 環境では文書データーベースを複数端末から共用可能
  • 保存文書量は、ディスクの許す限り制限はありません

簡単文章登録

  • TWAIN入力機器対応

    イメージスキャン機能を標準装備 TWAIN32対応機器であれば多くの環境で作動が可能です。イメージデータはJPG、GIF、BMPの3種類に対応しています。

  • ビジネス文書

    エクセル、ワード、一太郎、TXT文書が登録できます。

  • LAN環境での文書管理

    Windowsサーバーへデータベースを置き、複数のクライアントから文書の登録や検索ができます。


多彩な検索機能  「フリーワード」「あいまい検索」も可能

文書管理システムの最大の特徴は、多彩な検索機能にあります。特に、パターン認識によりあいまい検索も可能にし、今までにない新しいフリーワード検索も実現しています。他にも、登録時に入力されたキーワード(綴込、備考および他に3項目ユーザー設定可能)や日付、文書属性などに対する属性項目検索などがあります。 帳票は、管理台帳と文書目次表を準備し、検索機能と同様に多彩な抽出条件およびソート順の任意指定をも可能にしています。帳票イメージを画面照会(プレビュー)し、ペーパーレス化にも対応しています。また、データベースの使用により大量データ、高パフォーマンスを実現します。